Kさんの場合(36歳・男性・無職)

36歳・無職・男性 

私は今、仕事を辞めてカシャカシャビジネスをしています。
というのも、カシャカシャビジネスを始める以前は、仕事の方をしていたのですが
人間関係だったり、ハードな上に量も多い仕事だったりで、心の方を病んでしまいまして。
通院しながらも仕事の方は続けていたんです。
ですが、病の原因である仕事から離れることができていなかったので、病は一向に良くなる気配もなく
気付けば、病院に通う前よりもさらに悪い状況になってしまっていました。
このままでは本当に自分がダメになると、家族が動いてくれて仕事の方を辞めました。
貯蓄の方は、仕事が大変すぎてお金を使う暇もない状態だったので結構ありました。
ですが、将来のコトや家族のことを考えると貯蓄を消費していくのは、ちょっと無理があるので通院しながら無理なくできる仕事を探しました。
その結果見つけたのが、カシャカシャビジネスだったんです。

いい気分転換になりました。

カシャカシャビジネスの一番いいところは仕事っぽくないところですね。
撮影した写真を投稿するだけですから、多くの人に見てもらって良いと思ってもらえれば買い手もついたりするんで
趣味を楽しみながらお小遣い稼ぎができる程度の間隔でした。特にはじめた当初の頃はその印象が強かったです。
写真自体はそこまで好きな物でもなかったんですが、実際に色々写真を撮影して投稿したりしてみると意外と楽しかったですし、
他の人がどんな写真を投稿しているのかも気になったりして、どんどんはまっちゃいました。
写真を撮影するために、いろいろな場所にいったり、いろいろなものを撮影したりするだけでも、結構な気分転換にもなりますよ。
お小遣い稼ぎで始めたようなカシャカシャビジネスでしたが、ほんとに何気なく撮った写真が結構な額になったりして
そこから、ちょっと本気でやり始めるようになりました。

家族と一緒に楽しんでいます

最初は一人で始めたカシャカシャビジネスですが、今では家族全員でやってます。
一人で撮影するのも楽しいですけど、家族で一緒になってわいわい撮影するのも楽しいものですね。
共通の趣味を持って全員で楽しむ時間ができたことで、以前の仕事をしている時よりも家族の絆が強くなったような気もします。
仕事仕事で毎日忙しかった時は、家族に構うような時間もあまりなくて、家では寝て起きて食事するみたいな感じになってましたしね。
その状態を考えると、カシャカシャビジネスを始めて、本当に良かったと思います。