Rさんの場合(42歳・女性・会社員)

42歳・女性・会社員 

初めまして。
仕事は事務の方をさせてもらっています。
大学を卒業してからずっと同じ会社で働いていますが出世の道もなく
婚期も逃し、今の年齢を考えると将来は不安ばかりでした。
周りの友人たちは、みな結婚をして幸せな家庭を築いていて、私一人だけ取り残されたような感じです。
ふと、家で一人でいるときにこのままずっと一人で死んでしまうのかなと
何とも言えない絶望感に襲われてから、少しでも生活を豊かにしようと思うようになりました。
豊かな生活でさみしさを感じないように。
後は、将来的にもお金に困らないようにと強く思ったんです。
その時に考えた方法というのが、副業だったんですよね。
副業は色々あって迷いましたが、私でも手軽にできそうなものからということで
カシャカシャビジネスを始めたんです。

仕事は何も難しいことはなかった

写真を撮影するだけのお仕事だったので、私でも簡単に始めることができました。
会社や、外出先いろんなタイミングで写真を撮影するだけでよかったので。
難しいことだったら、最初の時点で挫折していたと思います。
副業を探しているときに、色々どんな副業か調べたりしていたんですが、その時に調べてみても
何が書いているかもよくわからないようなものも多かったので。
カシャカシャビジネスは写真を撮影して買ってもらうだけという単純さで、今でも続けてます。

明るくなった気がします

このカシャカシャビジネスを始める前は、会社でも余り人と話すようなこともありませんでした。
仕事内容がパソコンを使ったもので、人と話して何かをするというようなこともそこまで多くなかったので
それでも問題なかったんですよね。ですが、カシャカシャビジネスを始めて写真を撮影するようになってからは
写真をキッカケにしていろんな人と話すようになりましたね。
それからは、毎日の仕事も徐々に楽しくなりました。
それまでは毎日が一緒のような感覚で何も変わらないという何とも言えない不安感だけがあったんですが
それがなくなりました。

将来への不安もなくなりました

カシャカシャビジネスを始めてみてよかったことは、明るくなったことだけじゃありませんでした。
収入の方も意外と多くて、毎月の貯蓄が一気に増えたことがあります。
そのため、最初に感じていた将来への絶望的な不安も徐々に解消されてきています。
何かあった場合でも、お金があればなんとかなりますしね。
そうした大きな後ろ盾が簡単に作れるカシャカシャビジネスは、誰にでもおすすめできる副業だと思います。